尿漏れ改善!女性でもできる骨盤底筋スクワットのやり方

寒い時期になると増える頻尿や尿漏れ。

一般的には、朝起きてから寝るまでに8回以上トイレに行く場合を頻尿と呼びます。
そして、寝ている間に1回でもトイレに行けば夜間頻尿が疑われるのです。

  • 常にトイレの場所をチェックしておかないと不安
  • 朝早くトイレに行きたくて目覚める
  • 我慢して熟睡できない
  • 急にしたくなって、間に合わずに漏れるときがある
  • 大笑いすると漏れるときがある

このようなデリケートな悩みを持っている人は実は多いのです。
夜間頻尿についてはこちらに書きました⇒夕方10分間、○○するだけで夜間頻尿が解消する方法

今回は頻尿について。

日本泌尿器科学会の調査によると、40代以上の女性の3人に1人が尿漏れに悩んでいるのだとか。

特に女性は、男性に比べて尿道が短いため、ちょっとしたはずみで尿漏れしやすいのです。

尿漏れの原因は主に2つのタイプがあります。

  • 腹圧性尿失禁:くしゃみや咳などでお腹に力を入れた時に尿が漏れてしまう症状。
    膀胱などを支える骨盤底筋の緩みが主な原因。加齢とともに緩むので尿道が下がり、お腹に力がかかると尿が出る。
  • 切迫性尿失禁:膀胱が収縮し、尿漏れや頻尿を起こす症状。
    急におしっこがしたくなり、我慢しきれなくなり、出してしまうことも。原因は不明。

骨盤底筋の緩みが原因となっている腹圧性尿失禁は、骨盤の筋肉を鍛えることが予防に繋がります。
2015年11月30日の「駆け込みドクター」で、友利新先生が「骨盤底筋スクワット」を紹介していましたので、その方法を紹介します。

尿漏れ改善が期待できる、骨盤底筋スクワットのやり方

1.まずは足かかとをつけて、足をハの字にします。

2.両膝をつけます。

3.両膝をつけながら膝を曲げて、お尻を突き出すようにして背中を真っすぐ伸ばします。

この状態で10秒キープ。
ゆっくり戻します。

この動きを3回で1セットとし、1日3セット行いましょう。
そうすることで骨盤底筋が鍛えられ、尿漏れの改善が期待できるそうです。



ペポカボチャ種子エキス& クランベリー

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ