突然のだるさは要注意!夏バテのだるさとは違う危険なだるさとは?

「だるさ」は夏バテの代表的な症状。
猛暑が続くとダルくなりますよね。

しかし、夏バテと間違えやすい重大な病があります。
それは脳梗塞です。

「脳梗塞」とは、脳の血管に血栓がつまり、血流を遮断、脳細胞が壊死してしまう病気。

夏に起こりやすく、事前にだるさ感じるような症状が現れることがあります。

「ちょっと疲れただけ・・・」
「夏バテかな・・・」

と思っていたら、実は脳梗塞で、急に倒れて運ばれる人も多いんです。
脳梗塞の季節別の症例数は最も夏の6~8月がもっとも多いのだそうです。

特に、夏バテに対して過信している方は要注意。

  • これまで夏バテを感じたことがない
  • 夏バテは鍛え方が足りないせいだと思っている
  • 毎日良い汗をかいていれば大丈夫

など、運動して普段健康的な生活を送っている方ほど過信してしまい、実は脳梗塞だった、ということがありますので注意が必要です。

夏バテとは違う、脳梗塞による体のだるさの特徴

では、夏バテとは違う、脳梗塞によるだるさの特徴とはどういうものでしょうか?

それは、突然だるくなり、短時間で治まるというようなだるさです。

急に体が重くなるような倦怠感だったり、何かがのしかかったような感じだったり、体が重くなるのですが、しばらくするとそれが嘘のように消えてしまいます。

「あれは何だったんだろう?」

と考えても心当たりがなく、過ぎ去った今となっては何ともないので病院にも行かず、日常生活に戻っていく。
そうやっていると、脳梗塞が進行してしまうのです。

脳梗塞が進行すると、今度は複数の症状が同時にでるようになります。
これも、夏バテのだるさと見分けるポイントです。

例えば、手足のしびれや痛み、めまい、頭痛、二重に見える、距離感がわからない、といった症状です。
だるさとともにこのような症状が確認できるときは、

「ちょっと疲れただけ・・」

と自己判断せず、お医者さんに相談してみましょう。

脳梗塞が夏に多くなる原因

脳梗塞が夏に多くなる理由。
その大きな原因が脱水です。

夏は汗をよくかく為、脱水状態になりやすいのですが、そうなるとそれが引き金になっています。

特に高齢者ほど気をつけていただきたいのですが、

「のどが渇いた時にはちゃんと水分補給をしているから大丈夫・・・」

と過信してしまうこと。
大事なことなのでもう一度書きますが、それは過信なのです。

確かに、「喉が渇く」ということは、体が水分を欲しがっているサインなのですが、年齢を重ねるとのどの渇きを感じにくくなってくるのです。

体は水分を欲しがっているのに、知らずに脱水が進んでいる可能性があるわけです。

脱水状態に陥ると、血液中の水分が少なくなるため、血液が濃縮されます。
そうなると、赤血球や血小板がコレステロールなどとくっつき、血栓(血のかたまりのこと)を作りやすくなるのです。

それが脳の血管に詰まると、脳が一時的な酸素不足になります。
その結果あらわれる症状が「急激なだるさ」なのです。

しかし、脱水によってできる血栓は比較的小さいので、初期段階ではすぐに溶けて血流が復活します。
そのため、症状も短時間で治まる事が多いのです。

そういうことが起こっているので、突然だるさがやってきては何事もなかったかのように症状が解消されるわけです。

次に、脳梗塞の場合は複数の症状が現れると説明しましたが、それは血栓が詰まった周辺の部分の脳の働きに障害が出るためです。

脱水から脳梗塞を防ぐための、水分補給の仕方

先ほども述べたように、年齢を重ねると喉の渇きの感じ方が鈍くなってきます。
なので、喉が渇いてから水分を摂っていたのでは間に合いません。

喉が渇いている・いないに関わらず、定期的に水分をとることが大切です。

それには、意識して水を飲むことが必要です。

コップ1杯100~150ccくらいを目安に1日に9~10回飲めば充分。
起床時、朝食時、10時、昼食時、3時、夕食時、入浴前、入浴後、就寝前など、時間を決めて、水分補給することが上手に水分を摂るためのコツとなります。

高齢者かどうかに関わらず、普段、あまり喉が乾かないという人は特に意識しましょう。



アクアクララ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ