コップ1杯の水を飲むだけ!「胸やけ」カンタン解消法

胸やけ解消法

胸やけとは、人によって感じ方が違う場合もありますが、

  • 焼けるような痛み
  • キリキリと痛む
  • 酸っぱいものが上げってくる

こういった症状のことを言います。

この「胸やけ」は、前記事の「胃もたれ」とは全く逆の原因で起こってしまいます。
胃もたれ・胸やけって胃の不調として同じように扱ってしまいがちですよね。。
自分の胃はどういった状態なのか、よく様子を見ることが大切です。

胸やけってどうして起こるの?

胸やけを起こしてしまうのは胃酸過多が原因です。
「胃もたれ」は胃酸が少なくて消化不良を起こしてしまうことで出る症状ですが、「胸やけ」は逆で、過剰に胃酸を出してしまうことで起こってしまう症状なのです。

胸やけを起こしてしまうのは

  • 暴飲暴食
  • アルコール
  • 刺激の強い食べ物
  • カフェイン

これが原因です。

胃酸は食べた物を消化してくれるものです。食べ物にはもちろんお肉も含まれていて、これも胃酸が溶かして消化します。
でも胃自体も「肉」だとよくよく考えると分かります。胃(肉)が胃酸で溶けてもおかしくないのですが、溶けないのは「粘膜」で覆われているからなのです。
ですが、暴飲暴食など、上に書いたようなものを摂取し過ぎることで、胃は頑張って過剰に胃酸を分泌してしまい、粘膜が弱ってしまうのです。
そうして起こるのが「胸やけ」なのです。

その結果、胃酸が食道に逆流してしまい、みぞおち辺りが焼けるように熱く感じるようになったります。
この症状が酷くなると「逆流性食道炎」になり、繰り返すことで「食道がん」に発展してしまうこともあるのです。

胸やけに襲われたどうする?胸やけ解消法

胸やけを感じたらまずは水を常温でコップ一杯飲むこと!です。
これだけで、過剰に分泌されすぎた胃酸を薄めることができるので、ほとんどの胸やけは10分程度で抑えることができます。

でもその場で治ったからと言っても油断は禁物です!
症状は緩和されても、胃の粘膜は胃酸によって傷ついてしまっているからです。

キレイに解消させるには、「胃もたれ」解消法にも書きましたが、『72時間解消法』が大切です。

  • 1日目(24h)…胃に負担をかけないように食事を摂らない
    (※水分は1日2リットル以上は摂りましょう)
  • 2~3日目(48~72h)…消化の良いお粥や軟らかく茹でたうどんなどを食べる

この時注意したいのは、胃酸をより分泌させる働きのある物を摂取しないこと!

  • ジュース(特にオレンジジュース)
  • カフェインを含む飲み物(コーヒー・紅茶・緑茶など)
  • アルコール類(ビール・日本酒・ワインなど)

これらは胃酸の分泌を増す効果がある成分が含まれているので、要注意なのです。


人によっては、胃酸過多(=胸やけ)なのに、胃がもたれたように感じたり、胃酸が足りなくて消化不良を起こしているのに、痛くなったり焼けているように感じたりする人もいますが、原因は真逆なので、注意が必要です!
大切なのは、普段から胃の調子を調えて、胃を優しく守ってることが基本だということを頭に入れておきましょう。


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ