汗をかかないと夏バテの原因に!今日からできる汗腺機能アップ法

なんとなくだるい、食欲がわかない、寝苦しくていつも寝不足で疲れが取れない・・・
なんとも言えない疲労感が延々と続く夏バテですが、その原因はさまざま。

その原因の一つにうつ熱というものがあります。
「うつ熱」というのは、「うつ病」とは何も関係ありません。
「うっ滞した熱」ということで、身体の中に異常に熱がこもった状態のことです。

身体の熱をうまく放出できないために身体に熱がこもり、体温が異常に上昇するのですが、これによってぼーっとしたり、だるい等の症状が起こるのです。

その症状を「夏バテ」と感じてしまうのですが、この状態が長時間続くと、体温はさらに上昇し続け、ついには熱中症にもつながるのです。
なので「うつ熱」は、熱中症の前段階(予備軍の状態)であると言えます。

そしてその「うつ熱」になりやすいかどうかは、私たちの生活習慣が関係しているのです。

2015年8月11日放送の「みんなの家庭の医学」で、うつ熱になる原因と、その原因による夏バテ解消法が紹介されていました。

うつ熱の原因は、汗のかき方にあった

暑い夏に体が熱を帯びるのは当然のこと。
しかし、大事なのは帯びた熱を下げる能力です。

実は、体にこもった熱をうまく下げられる人と、なかなか下げられない人がいるんですね。
その違いは、汗のかき方です。

汗があまりでない、汗をかく習慣がない、というのが問題なんですね。

汗は、体温調節をするために出てきます。
人は、体温が上がると汗をかくようになっていますが、その汗が蒸発する際、熱を取ってくれる(気化熱)ので、体温が下がるのです。

つまり、

体温上昇 ⇒ 汗をかく ⇒ 汗が蒸発 ⇒ 体温が下がる

というサイクルで熱を下げるので、汗をかけない人は熱がこもってしまうのです。

汗をかきやすい人とかきにくい人の汗の違い

汗をかくために使われる「汗腺」という機能。
私たちの体には200万個以上の汗腺があって、ここから汗が出てきます。

しかし、汗をかきにくい人は汗腺が弱っているのです。

そのため、出てくる汗に塩分(ミネラル)を多く含んでいます。
逆に、汗腺が正常だと、塩分は少なく、サラサラな汗が出てきます。

なので、汗がしょっぱい、という方は、汗のかき方が悪いということが言えますね。

ではなぜこのようなことが起こるのでしょう?

汗腺は、体温があがると血液中から塩分だけを吸い上げます。

すると、その塩分に引き寄せられて水分が汗腺に充満、これが汗となります。

このとき、汗腺は、ほとんどの塩分を再び血液中に戻し、ほぼ水だけになったものを汗として皮膚の表面へ送り出すのです。

ところが汗腺の機能が落ちていると、塩分を吸い上げる力が低下し、汗の量が減少します。
さらには、塩分を血液中に戻す働きも落ちるため、水分量が少ない上に、戻せなかった塩分が汗に含まれ、塩分の濃い汗になってしまうのです。

このようなことから、汗腺が弱っている人は汗をかきにくく、塩分を含んだベトベト汗になってしまうわけですね。

塩分の濃い汗をかいてしまうことは、体にもデメリットがあります。

放出した塩分はそもそも、ミネラル分として体の栄養になるもの。
それを放出してしまうわけですから、体に行きとどかせる栄養分が少なくなってしまいますね。

そして、塩分を含んだ汗は、普通の汗と比べて蒸発しにくいという性質があります。
熱は水分が蒸発する時に低下しますので、蒸発しないということは、体温調節ができない、ということになります。

汗腺はなぜ弱るの?

近年、熱中症で病院に運ばれてくる人が増えていますが、運ばれてくる患者にも汗腺機能が低下した人が少なくないのだそうです。

なぜ汗腺機能が低下し、うつ熱や熱中症になりやすい身体になるのでしょう?

それは、現代人の多くが抱えている2つの問題があります。

【1.暑熱順化ができていない】

「暑熱順化」というのは、簡単に言えば、夏の暑さになれる、ということ。

人の体は、寒い時期にはあまり汗をかく必要がないので、汗腺の機能は低下した状態にあります。
しかし、夏に近づき、気温が上がってくると、それに合わせて汗腺の機能が活発化するのです。

なので、体が夏の暑さに慣れてきたら、汗腺の機能が上がって汗が出て、体温を上手に調節できます。

ところが、1日中冷房の効いた低い温度の室内からほとんど出なかったり、暑さにさらされないでいると、気温は暑くなってきても、体はまだ夏が来ていないと勘違いしてしまいます。

機能が低下したままで、汗を十分に作り出せず、塩分の濃い汗になってしまうのです。

さらに、全く運動をしないと、筋肉を動かさないため、体内での熱の産生が少なくなります。
熱の産生が少なくなると、暑さを感じにくくなりますから、これも暑熱順化がすすまない理由の一つになります。

現代人は、家にいても、職場や学校にいてもエアコンで快適な生活を送っています。

しかし、エアコンに過度に頼る生活をすると、体が暑熱順化できず、うつ熱、しいては熱中症になりやすい体になってしまうのです。

【2.水分摂取量が少ない】

環境省が勧める水分摂取量は、飲料のみで1日1.2リットル。

仕事や勉強、趣味などに集中していると飲み物を口にするのを忘れてしまうことがありますが、汗の原料となる水分が不足するのも、汗をかきにくい理由になっています。

夏バテや熱中症予防につながる汗腺機能アップ法

夏バテを感じているこの時期から始めることができる、汗腺機能アップ法があります。
それは、半身浴です。

目新しい方法ではありませんが、これこそが自宅で効果的に汗をかく方法です。
入浴法のスペシャリスト、国際医療福祉大学大学院教授 前田眞治先生もこの方法を勧めています。

汗をかくなら湯船に完全に浸かった方が良いように思えてしまいますが、先生によると、全身浴よりも半身浴の方がよいとのこと。

半身浴の方が肌を露出している部分が多いため、かいた汗が蒸発しやすく、より多くの汗をかけるというのがその理由です。

人は、常に汗をかいていないと、汗腺の働きが鈍ってしまいます。
しかし、1日の間に短時間でも暑さを感じて、汗をかく習慣があれば汗腺は大分機能するようになります。

入浴のポイントは、温度と時間

夏なので温度はぬるめで38℃~39℃、時間は約30分浸かるのがよいとのことでした。

このやり方で入ると、体温の上昇も緩やかなため、安全かつ効率的に良い汗をかくことができます。

1週間続ければ、汗を掛けなかった方の汗腺が活発に動き出し、汗の質も改善されることが期待できますよ^^


注意点が一つ。
エアコンは、使うことがいけないわけではありません。
過度に使うことがいけないんですね。

むしろ使わずに我慢して熱中症で倒れる人もいますので、気をつけてください。
特に高齢者の方は積極的に使うようにしましょう。



ホットヨガスタジオLAVA

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ