日常のちょっとした工夫で流せる!リンパの滞りにくい身体の作り方

私達の体の内臓や皮膚などのすぐ近くに、網の目に広がっているリンパ管。

体内の排水路とも呼ばれているリンパ管の中にはリンパ液が流れ、体内の余分な水分や老廃物を回収しています。

リンパ管やリンパ液のことをまとめて「リンパ」と呼んでいますが、そのリンパの流れが滞るとどうなるのでしょう?

まず、リンパが滞ると風邪をひきやすくなります。

リンパ液の中には、白血球の一種であるリンパ球も流れていて、ウイルスや細菌など異物があれば排除しているのです。

リンパ球の活動低下は、免疫機能の低下につながるので、リンパの滞りは風邪に限らず色々な病気に繋がることがわかります。

また、美容面でも色々と影響がでます。
リンパが滞ると水分や疲労物質がリンパ管にたまるので、それがむくみとなってあらわれます。

顔や首周りのリンパが滞ると、水分や栄養素がいきわたらなくなりますので、しみやしわの原因にもなります。

このように、色々な役割を担っているリンパですが、滞りやすいのが悩みの種ですね^^;

今回は、日常の生活の中のちょっとした工夫で、リンパを流すための色々な方法を紹介します。

リンパを流す色々な方法

まず、基本的にリンパはどのようにして流れるのかを基本として抑えておきましょう。

まず、血液には心臓というポンプがあり、それが全身に血液を送り出す役割を果たしているのですが、リンパ液には心臓の様なポンプの役割をするものがありません。

リンパ管自体が収縮することでリンパ液を押し流しています。
また、筋肉が動くことでリンパ液を押し流しているのです。

なので、立ったまま、座ったままなど、長時間動かないと筋肉も動かないので、ポンプ作用が落ちてリンパの流れが滞ります。

リンパが足にたまりやすいのは重力のためです。
足のむくみは、筋肉のポンプ作用が落ちて、水分や老廃物が溜まっているサインなんですね。

リンパを流すためには、マッサージが効果的ですが、今回はそれ以外の方法を紹介します。

腹式呼吸をする

腹式呼吸

最近の研究によると、リンパ球は腸のリンパに多く存在することがわかってきたのだそうです。
身体の8割くらいのリンパ球がいるそうですよ。

ただ、腸のリンパを直接流すのは難しいので、腸の周りの筋肉を上手く使って流すことが必要です。
その方法として、腹式呼吸が効果があるのでは?と考えられています。

へそから下に力を入れてゆっくり吸ったり吐いたりすると、リンパ液の流れが勢いを増すため、むくみが解消されるといわれているんです。

また、大声で笑う時には自然と腹式呼吸になっていますので、笑うのも良いかもしれません。

発酵食品を食べる

発酵食品

納豆や漬物など、発酵食品は腸内環境を整え、リンパの働きを高めます。
納豆にオリーブオイルをかければ、腸の中でリンパ球が増え、さらに効果が期待できます。

太ももを高く上げて歩く

足あげ

ウォーキングなどをしている方は、太ももを高く上げることも意識してみましょう。

太ももを高く上げて歩くと、これだけで脚にたまったリンパを押し上げてくれます。

また、階段を一段飛ばしで上るのも自然にももが上がるので、それでもOKです。

靴を脱ぐ

靴を脱ぐ

靴を脱ぐだけで脚の血管は解放されます。
ランチ休憩の時にお座敷に座れる機会があるなら、テーブル席よりもお座敷に座りましょう。

ふくらはぎを揉んで、脚を伸ばして座れば、疲れやむくみの解消になります。

よく使う食器を、あえて取りづらい場所にしまう

食器

普通、よく使う食器は取りやすいところにしまうと思いますが、ここはあえて棚の一番上など取りづらい場所にしまってみましょう。

食器を出し入れするたびに踏み台などを使えば、脚や上半身の筋肉を動かすことができます。
家の中でもできるエクササイズになります^^

ぬるめのお風呂に入る

お風呂

ぬるめのお湯(40度程度)に30分以上つかると、血行がアップします。
血行が良くなれば、腕を軽く叩くだけでリンパの流れが良くなります。

足を高くして寝る

就寝

むくみの解消には睡眠が最も効果的。

なので、布団に入ったら足元にタオルなどを敷いて少し足が高くなるようにします。
これで足のリンパは自然に流れます。

最低7時間くらい、ゆっくり眠ると効果的です。


やりやすいものを取り入れて、習慣にしていくと良いですね^^



めぐりゆく

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ