ひざ痛で悩む99%の方が良くなる!ひざ痛専門医オススメの筋肉体操

歩くことも困難になることもあるひざ痛。
その原因のほとんどは「変形性膝関節症」と呼ばれるものです。

この症状、実は自分で改善することができます。
それが、2015年1月8日の「予約殺到!スゴ腕専門外来SP5」で紹介された筋肉体操という体操です。

「筋肉体操」というとハードなイメージがありますが、ひざ痛を起こしている人が対象なので、そんなハードなものではありません。
穏やかな運動です。

この方法は、順天堂東京江東高齢者医療センターでひざ痛外来を行っている、順天堂大学 整形外科医 黒澤尚先生が紹介していました。
先生はこのような本も書かれています。

先生のひざ痛外来は、国内でまだ広まっていない治療法を採用していて、ひざ痛外来は予約が2カ月待ちなのだとか。

その治療法は、2008年の国際関節症学会で、最も効果のある方法と発表された関節治療法の世界的なガイドライン。
真っ先にやるべき治療法と勧められているのですが、黒澤先生は、その方法を20年以上前から行っている第一人者なのです。

先生によると、

ひざ痛に悩む方々の99%がこの方法で良くなる

のだとか。

ひざ痛の原理と、先生が番組内で紹介していた4つの運動を紹介します。

ひざが痛くなる原因

関節には、骨と骨の間に「軟骨」が薄くついています。
正常な場合は厚さ5mmほどで、骨よりも弾力性があります。

そして関節の周囲を覆う関節腔には、関節液が満たされています。
ひざはこの、「軟骨」と「関節液」によって摩擦を減らし、滑らかに動いているのです。

軟骨がすり減って、摩耗した微粒子が関節の中に散らばると、炎症が起こる可能性があります。
ひざが痛くなるのはそれが原因です。

細胞内には、免疫機能を司る「NF-kappaB」というたんぱく質があるのですが、これは、これが外敵の侵入に反応して攻撃命令をだしたり、周囲の細胞へ危機を伝える役目を担っています。

軟骨がすり減って、摩耗粉が関節腔に散らばると、これが関節腔の内膜に触れ、細胞内のNF-KappaBが破片を外敵と勘違いして攻撃を開始、それが炎症反応となって激痛を発するのです。

炎症を引き起こすNF-kappaBの活動は、ひざに穏やかな運動を加えることで抑えられることが実験でも証明されています。

なので、正しいやり方を行えば、膝の痛みは自分自身で治すことができるわけです。

炎症を抑え、関節や筋肉を鍛える、黒澤式筋肉体操

黒澤先生が、番組内で紹介していた体操です。
この体操はかなり穏やかな体操になっています。

この穏やかというのが体操のポイントです。

激しすぎる運動はかえって炎症がひどくなってしまいます。
逆に安静にし過ぎるとひざが弱くなり、炎症が鎮まるどころか、継続してしまうのです。

しかし、その中間の穏やかな運動は、炎症を抑えて痛みが軽減しますし、筋肉や関節も鍛えられます。

脚上げ体操

仰向けに寝そべって片脚を伸ばし、そのまま真上に脚を10cm程度上げます。
その状態で5秒キープした後、ゆっくり下ろします。

これを朝と夜、左右20回を1セット行います。

この運動で、炎症による痛みを抑えると同時に、膝を支える「大腿四頭筋」を鍛えることで、痛みの出にくいヒザになります。

横上げ体操

真横を向いた状態で、上側の脚を10cm程度上げます。
そして5秒キープした後、ゆっくり下ろします。

これを朝と夜、左右20回を1セット行います。

この運動で「大腿四頭筋」に加え、ももの外側の筋肉「中殿筋」を鍛えることができます。

ボール体操

脚を前に投げ出して、ももの間にボールを挟みます。
ボールをつぶすように力を入れ、5秒間キープ。
5秒後に力を抜きます。

これを朝と夜、20回行います。

この運動で、ももの内側の筋肉「内側広筋」を鍛えることができます。


この3つの運動を毎日行うと、ひざ痛が大きく改善されると思います。

手術しかない!と言われたら?その前にやっておきたい、ながら筋肉体操

上の体操ができれば良いのですが、病院で「手術しかない」と言われるほど症状がひどい方もいると思います。
そういう方には、手術を決める前にやってもらいたい体操があります。

それが、より簡単なながら筋肉体操です。

パソコンを操作しながらでもご飯を食べながらでもできる体操です。

やり方は、靴下を履いて、床をゆっくりスリスリするだけ。
20cmほど前後させるように、両足をスリスリさせます。

この運動は、1日5分くらいを2、3回やればOKです。

ポイントはもちろん穏やかにやることです。

早くやると激しい運動になって炎症を起こしてしまいます。

この方法である程度動けるようになったら、筋肉体操を行うようにするとよいですね。


これらの体操は、軟骨がほとんどすり減って、重度の変形性ヒザ関節症と診断された方も勧められてやっていました。

ひざ痛歴10年、休まずに15分以上歩くことはきつい、という状態の方でしたが、3週間ほど続けられた段階でかなり歩けるようになり、屈伸までしていました。

無料で簡単にできますので、無理をせずに行ってみてください。

また、痛みがなくなっても、できれば続けた方がよいです。
半年やれば、1年やれば、筋肉トレーニングと同じでその分だけ関節やヒザが強くなります。

逆にやらなくなるとまた衰えてしまいますからね^^;



ありがとうイカのコンドロイチン

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ