1日10分 あることをするだけの腰痛改善法

人によって原因がさまざまの腰痛。
何をしても治らないイメージがあるのではないでしょうか?

しかし、1日10分、あることをするだけで改善する方法が2015年1月8日放送の「予約殺到!スゴ腕の専門外来スペシャル5」で紹介されていました。

紹介していたのは、腰痛外来の専門医院で10年以上学び、独自の方法を編み出した腰のエキスパート、柔道整復師の田島秀樹先生です。

今回の腰痛のパターンは、骨盤のズレから来ている腰痛。
前かがみ気味で腰が痛い方に当てはまると思います。
日本人には多いですよね。

前かがみ姿勢で腰痛になる原因

骨盤の中央には、骨や筋肉にかかる衝撃を吸収する仙腸関節があります。

仙腸関節

そして骨盤の前側には、腸腰筋という筋肉があります。

腸腰筋

上は正常な状態ですが、日常生活で前かがみの姿勢が多いと、腸腰筋が縮んで固まってしまいます。
これを無理して体を起こそうとすると仙腸関節に負担がかかってしまい、仙腸関節にズレが発生すると骨盤がずれて腰痛が発生しやすいのです。

仙腸関節のズレ

1日10分!ゴムバンドを使った腰痛改善法

上のような原因で腰痛になっている場合は、まずは腸腰筋を緩めて伸ばし、骨盤のズレを治す必要があります。

それが、ゴムバンドを使えば自宅で自分で簡単に出来てしまいます。
やり方は簡単、骨盤にゴムバンドを巻いて腰を回す
これだけです^^

  • ゴムバンドを巻く ⇒ ずれて広がった骨盤を清浄な位置に矯正する
  • 腰回し ⇒ 腸腰筋を緩めて伸ばす

という理由です。

まずはゴムバンドを用意します。

ゴムバンド

用意するバンドはストレッチ用のものでも、ホームセンターで売っている材料用のものでも構いません。
幅8cm 長さ2m~2m50cmほどがベストです。
骨盤部分を2重に巻ける長さがあればOKです。

目印は、コシの前側にある骨盤のでっぱり。

骨盤 でっぱりの位置

そこにギリギリかかるように二重に巻きます。

骨盤 ゴムバンドの巻き方

最後に挟みこんで固定して完成。

骨盤 ゴムバンドの巻き方

巻き方のポイントは、

  • 痛くない程度に強く巻く
  • 指が入りにくい程度に強く巻く

ということ。
これで、右回し、左回しを1日5分ずつやるだけでも変化が期待できます。

注意点が1つ。
フラフープを回す時のように、腰だけを回すと全然効きません。
それどころか余計痛くなってしまいますので、全身を使って大きく回す感じで行って下さい。

痛い場合は無理に行わないように気をつけて下さい^^;



高反発マットレス ラクーネ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ