「眼精疲労」は単なる「目の疲れ」とは違う!

眼精疲労は病気です

ゲーム機やパソコン、携帯が普及した頃から言われていましたが、スマートフォンやタブレットが登場し、ますます「目の疲れ」に悩む人が急増しています。
眼科を受診する人も年々増えているそうです。

とは言っても、今やパソコンやスマホは仕事の相棒という人も多く、手放せない状態だと思います。

大切なのは、目が疲れてるなぁと感じたら、「仕方ない…目疲れぐらい何ともない…」とそのまま何もせずにやり過ごすのではなく、日々ケアを心がけ、うまくバランスをとっていくことだと思います。

まずは疲れた目はケアし、そして環境を目がなるべく疲れない状態にすることを考えましょう。

そして、一晩寝ても治らない目の疲れは、もう単なる「目疲れ」ではありません。
健康保険が適用される病気なんだってことも知っておきましょう!

「目の疲れ」と「眼精疲労」の違い

「目の疲れ」一時的なもので休憩や睡眠で治るもの。

《目疲れの症状》

  • 目が痛い
  • 疲れる
  • 重い

「眼精疲労」休息や睡眠で治らないもの。

《眼精疲労のに出る症状》

  • 目が痛い
  • 疲れる
  • 重い
  • ぼやける
  • かすむ
  • 涙がでる
  • 充血する
  • 充血する

《眼精疲労の身体に出る症状》

  • 首・肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 倦怠感

酷くなると「うつ病」まで引き起こすこともあるんです。

つまり、「眼精疲労」は一時的な「目の疲れ」とは明らかに違い、一晩寝ても回復せず、身体にまで症状が出てきます。
さらに症状が酷くなると、眼精疲労からストレスになり、自律神経を狂わせたり、「うつ病」を引き起こしてしまうケースもあると言われています。

なので、「目の疲れ」と「眼精疲労」を区別し、なるべく「目の疲れ」の段階でケアして改善することが大切です。
そして「眼精疲労」だと感じたら、なるべく眼科に行く方が良いと思います。

眼精疲労の原因って何?

眼精疲労は病気です

眼精疲労が起こるのは、近くのモノを見ようとした時に、目は近くにピントを合わせようと「毛様体」を収縮させることで起こります。

収縮させる=緊張させる

つまり、近くのものを見続けることは、緊張し続けることになます。
これが眼精疲労になるメカニズムです。肩こりと同じですね。

その眼精疲労を起こしてしまう原因は何でしょう?
大きく分けて3つ!

1:近視や遠視、乱視などの視力の悪さ
視力が悪いと見えにくいですよね。すると目は見ようと頑張ります。すると「緊張」させるので、眼は疲れます。。

2:老眼
加齢によって、カメラのレンズの働きのある「水晶体」は弾力性を失ってしまいます。(肌や筋肉の弾力がなくなるのと同じですね)
なので、近くにピントが合い辛くなってしまうのです。
これが老眼になってしまう原因なんですが、それでも近くのものを見ることは止めることはできません。
すると、近視と同じで毛様体を「緊張」させてしまうことになります。
しかも水晶体は硬くなっているので、より負荷がかかってしまうので眼精疲労の大きな原因になってしまうのです。

3:メガネやコンタクトレンズが合っていない
注意したいのはメガネやコンタクトレンズなどで視力矯正をしている40歳代の人です。
老眼は40歳代から現れてきますが、近視のメガネなどは遠くが見えるように調整しているものなので、老眼が入ってくるとメガネの度が強すぎる状態になります。
なので、ピントが合いにくくなります。
でも老眼の初期は、頑張ったら見える時があるので、踏ん張って見ようと頑張ります。これが眼精疲労を酷くしてしまうことに。。。
なので、なんか最近見えにくいなと感じたら、眼科などに行き、メガネの矯正をやり直すことが大切!
もちろん老眼とか関係なく、視力は変動するものなので、自分に合ったものを使わないと眼精疲労の原因になるので注意!

※目疲れの予防的から言うと、老眼かな。。。と思ったら、踏ん張って見るよりも、老眼用のメガネを買う方が良いと眼科医は言ってました。

VDT症候群という症状も知っておこう!

眼精疲労の原因は昔は上のような理由だけだったんですが、最近はPCやスマホなどの長時間の使用で起こる『VDT症候群』という症状が問題視されています。

VDT=Visual Display Terminalの略で、「液晶ディスプレイ」のことで、
『VDT症候群』とは、長時間のパソコン(スマホやタブレット、ゲーム機)などのディスプレイ作業による目の疲れやドライアイ、充血、視力低下などの症状や、眼精疲労からくる頭痛、肩の凝り、さらにイライラや不安感、不眠、食欲不振などといった身体的、精神的な症状のことを言います。

このVDT症候群の原因は色々と上げられているようですが、注目を集めている原因の一つはブルーライトにあると言われています。
ブルーライトは、ディスプレイから発せられる光の一種で、
私たち人類に悪影響を及ぼす光として知られている「紫外線」にとても近い光で、最も強いエネルギーを発しているので、目の奥にまで入り網膜の機能低下を引き起こしている言われています。

まだまだ研究段階ですが、ブルーライトは眼精疲労を引き起こすだけでなく、直接原因になる「青色光網膜障害」という眼疾患を起こしたり、睡眠を促すメラトニンの分泌を抑制してしまうので「睡眠障害」を引き起こしたりしているようです。

まずは、そんなブルーライトが発せられているディスプレイを見ながら毎日作業をしている自覚が必要ですよね。
そしてVDT症候群という症状があるということもまずは知って、性格に把握しておくことが大切かと思います。

パソコンが原因の眼精疲労はまだあります

眼科に行くと、目の疲れ具合を測る機械があります。
この気球の絵がだんだんと近づいてくるので、目で追います。
眼精疲労は病気です

眼精疲労の無い結果は、こんな風に筋肉の緊張度が低い結果になります。
眼精疲労は病気です

こちらはシステムエンジニアの20代の女性の結果です。真っ赤なのは眼精疲労が酷いことを表しています。
ほぼ1日パソコン仕事なので、近くを見ることが多いため、気球が近づいてきたらとたんに筋肉が緊張し、赤い結果になっています。
眼精疲労は病気です

これは『テクノストレス眼症』と言って、
パソコンに向かって仕事をするとか、対象物が近づいてくると急に目の筋肉が緊張状態になるという症状がでているという結果だそうです。

さらに酷くなると、遠くを見ても、近くを見ても筋肉の痙攣を起こして、頭痛や肩こりなど、他にはうつ病などを引き起こしてしまうこともあるようです!
そんな人のグラフは、全て真っ赤になります。
眼精疲労は病気です

パソコンはとても便利なツールですが、目に与えるダメージがとても大きいことはしっかり認識しておくことがまずは大切かと思います。

眼精疲労のまとめ

・「眼精疲労」は「目の疲れ」と違って、一晩寝ても回復しない疲れでそれは病気!
・眼精疲労は酷くなると吐き気まですることもあるし、うつ病に陥る危険もある。
・眼精疲労が起こるのは毛様態筋の緊張が大きな原因!
・近視や遠視、老眼などの視力の悪さが眼精疲労を起こしている一つ。
・40歳代になると老眼の症状が出てくるので、めがねやコンタクトレンズなどは矯正しなおす!
・VDT症候群はブルーライトが原因!
・ブルーライトは眼精疲労だけでなく、「青色光網膜障害」という障害や、「睡眠障害」を引き起こす原因にもなる。
・1日パソコンに向かい仕事をしている人は「テクノストレス眼症」という眼精疲労になりやすい。


コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ