誰でも簡単!お腹のハリを解消する方法

女性の70%は体験するというお腹のハリ。
男性でも50%以上が体験するほど、多くの人が悩んでいます。

お腹のハリの原因は、腸内のガス溜まりです。

ガスが溜まっている実感がある方もいますが、中には「単にお腹が張っているだけ」と、ガス溜まりに気が付いていない方もいらっしゃいます。

しかし、それを侮ると危険な状態になる事もあるのです。
ガス溜まりは、おならがたくさん出るだけではないんですね。

2015年8月15日の「世界一受けたい授業」で、オナラ博士こと東邦大学医療センターの瓜田純久先生がガス溜まりとその解消法について説明していました。
このような本を書いていらっしゃる先生です。

なぜ腸内ガスが発生するの?

お腹のハリは、腸内で発生する腸内ガスが溜まることで起きます。
腸内ガスが発生する理由は2つあります。

ひとつは、食事の後、食べた物を腸で分解するために腸内細菌が働くのですが、その時に腸内細菌がガスを発生させる、ということです。

これは、ガス発生要因の半分を占めます。

もうひとつは、食事の際に飲み込んだ空気です。

特に、早食いの方は空気も大量に飲みこんでいるので、腸内ガスが溜まりやすいと言えます。
そして、たくさんしゃべると唾液をよく呑み込みますのでその時に空気も含み、ガスが増える原因になります。

ガスは1日でどれくらい発生するか?というと、それは人によるのですが、普通の人では1日約3リットル発生します。

しかし多い人は1日50リットルも発生させている方もいらっしゃいます。

ガスの発生要因を考えると、発生するガスの量は生活習慣によることが考えられますね。

しかし、お腹が張っていない方でも、そんなにオナラをしている自覚がないと思います。
実は、知らない間に出ているのではないか?といわれているのです^^;

特に睡眠中は腸管運動が活発になるので、寝ている間に出ているのではないか?ということです。

これは生理的な現象ですので、心配する必要はありません^^
問題なのは、ガスが溜まってしまうことですね。

なぜ大量のガスが溜まるの?

腸内ガスが発生する要因は上で述べた通りですが、次はガスが溜まる要因です。

こちらは3つ挙げられます。

1つ目は、オナラを我慢しているということ。

恥ずかしくて会社や屋外でオナラを我慢することが多い人は多いと思います。
しかし、我慢しすぎると腸の動きが悪くなり、ガス溜まりを引き起こしてしまいます。

2つ目は長時間のデスクワークです。

長時間同じ姿勢でいると、ガスが一定の場所に溜まってしまいます。
そのような仕事をしている方は、適度にストレッチすることが大切です。

3つ目は、生活習慣の乱れです。

暴飲暴食はもちろん、睡眠不足、ストレス、深夜の食事などは、腸の動きを低下させる要因となります。
腸の動きが悪くなるという事は、腸内ガスが溜まりやすくなるということです。

ガス溜まりを放っておくとどうなる?

ガス溜まりは、たかがオナラと侮って放っておくと大変なことになります。

便秘でりきんだ時や、ガスだまりで大腸内の圧力が高くなることで、大腸の内壁が外側に膨らみ、大腸憩室を作ってしまうのです。

大腸憩室ができるとそこに便が溜まりやすくなります。
そこに溜まってしまうと、自力で排出できず、石灰のように固くなります。

そのように溜まったものを糞石といいます。
これがあることで、さらに便が詰まり、ガスも溜まりやすくなるのです。

悪化すると大腸憩室が破裂し、出血を伴う大腸憩室炎になってしまいます。

このように、腸内ガスをただのオナラだと侮ると、大変な事態を招いてしまいます。

腸内ガスが溜まらないようにするには?

ガス溜まりを防ぐには、運動面、食事面などいくつか方法があります。

ゴロゴロ体操

まずはゴロゴロ体操です。

やり方はまず、うつぶせの状態で寝転がります。

それから左右に転がります。

このように転がるだけですので簡単ですね^^
これを1日10分行います。

うつぶせになることを繰り返すのは、小腸全体がまんべんなくマッサージされることになります。
これによって腸を動かし、ガスを移動させる効果があるわけです。

手でマッサージするのは難しい部分ですので、非常に効果的なんです^^

蜂蜜牛乳

ガス溜まりを防ぐ飲み物は、蜂蜜牛乳です。
作り方は、

  • 牛乳:100cc
  • 蜂蜜:ティースプーン1杯

これだけです。

牛乳には「乳糖」、蜂蜜には「オリゴ糖」が含まれていますが、これらが腸内を活発にし、お通じとガスを排出してくれます。
オリゴ糖は腸内細菌のエサとなるのものですから、積極的に摂りたいですね^^

ガス溜まりには炭水化物を

ダイエット中の方や便秘の方で、食物繊維を多めに摂っている方は多いと思います。
しかし、じつはそこがガス溜まりの原因になっている場合があります。

食物繊維は確かに便秘予防に期待できるのですが、食物繊維の摂り過ぎは良くないのです。
食物繊維を意識するあまり、偏って食べる傾向があるので気をつけなければなりません。

なぜ食物繊維の摂り過ぎは良くないのでしょう?

それは、摂りすぎることで腸内細菌の分解作用を促し、ガスが発生しやすくなるわけです。
より多くガスを発生してしまうわけですね。

あくまで適度に摂る事が大切です。

ガス溜まりに効果的な食べ物は、うどんやおかゆなどの炭水化物です。
炭水化物は、便となり排出される際に腸内ガスも一緒に押し出してくれます。

ただし、糖尿病の方は注意が必要ですので、お医者さんに相談してください。



カイテキオリゴ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ